スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルキャリア THULE Proride 591 を導入してみた

今月頭にボーナスが支給されたので一部を使用してサイクルキャリアを購入してみた

自分のトランポ車両であるスズキ Keiスポーツでは、今までだと後部座席を倒してマット類で養生した後、フレームを突っ込むというやり方で自転車を輸送していたが、固定などは特にしていなかったので、フレームの塗装に傷が付いたり、むき出しのリアディレーラーやチェーンが車内を汚す心配もあった

こんな感じ。実際はホイールバッグを使用していた
自転車収納

だが、ルーフ部分にサイクルキャリアを装備したお陰でそういった問題も一気に解決できそうだ
それが今回紹介するTHULE Proride 591である
001_20120621002842.jpg

自転車を積載する方法はとっても簡単。今回のモデルはTCRちゃん!まずはホルダーを適当な角度にあわせる
002_20120621003829.jpg

自転車をキャリアに載せてホルダーとダウンチューブが直角になるように調整する
003_20120621003844.jpg

ダイヤルを回すとホルダーがダウンチューブを咥えて固定することができる
004_20120621004012.jpg

あとは前後のホイールをストラップで固定し、ダイヤル部分にキーロックをすれば・・・
006_20120621004108.jpg

これで積載完了。慣れれば2分以内で積載をすることができるようになる
007_20120621004203.jpg

この状態で実際に六甲山を走ってきました
カーブが多いので左右に大きく揺れたり、ブレーキングで車体が前後に動いたりすることが多い六甲山の道でも自転車はビクとも動かなかった。固定力は結構強いみたいだ

山頂にて
009_20120621004708.jpg

ちなみに自分の車へのサイクルキャリアの装備は、ベースキャリア+アタッチメント+工賃で丁度5万円くらい。ただ、車種やルーフレールの有無によっては値段が変わってくるので、サイクルキャリアを装備したい人は事前にカー用品店等で店員さんに相談すれば見積もってくれます

このキャリアのお陰で車内スペースに余裕ができるので、レースや練習の時にローラー台や色々な物品を積載したりできるようになるので非常に便利。自転車ライフを強力に後押ししてくれる車としてどんどん使っていきたい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。