スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山カートコースクリテ参加 当日編

あ、カメラとボトル忘れた

まあいい、カメラは携帯で代用すればいいしボトルはクリテだから出走前に水分取れば大丈夫だろう(´・ω・`)

では、適当に?書きなぐったようなレースレポートはっじまっるよー
ロードレース選手の朝は早い。4時に起きて昼飯の弁当を作った後、トランポを家の前に止めて残りの必要なものを積載して5時過ぎには出発!

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
573276608.jpg

途中のPAで朝食を食べてまったり走ってたら7時半頃には到着。すでに会場は多くのトランポや選手がひしめき合っていた。レース会場独特の雰囲気が周囲を覆う

自転車はレースモードに。保安機器類や修理器具は全部取り外して戦闘態勢をとる
そしてダイヤモンドフレームの合間で光り輝く鈴菌S
573309875.jpg

受付を済ませ、ゼッケンを受領した後はウェアに装着。今日のウェアは自転車の色に合わせていつものチームスカイ。レースで使うのは去年の北播磨サイクルエンデューロ以来

おkキリ番ゲット
573316097.jpg

準備を終え、ピットを設営したら自分の出番が来るまでしばらく待機。出番が近づくにつれて心拍数が上がっていくのが分かる

【タイムアタック】
まず最初は数組に分かれて脚力判定のタイムアタック。サーキットを10分間の制限時間の中で走り、一周のベストタイムで組み分けをするという仕組み

せっかちな自分は一番にコースインしてそのまま一周慣らし運転で路面状況を確認する。路面状況は若干のギャップに加え、意外とタイヤがグリップしない。コーナーが多いのでタイヤの空気圧を下げて正解だったようだ。コースそのものはカーブが多いテクニカルコースなので逃げに有利と思われる
二周目からはアタック開始するもレース本番のことも考えて極端な強度で走らずある程度は脚を温存。練習があまりできてないのでスピードもそんなに乗らない感じだった

タイムアタックが終わり、組分けが発表される。クラスはガチムチの集うA、実力者の集まるB、初心者向けのCがある。自分はあまり走れなかったから今回はCクラスかなと思ったら以外にもそこそこのタイムで走れていたようで中級者クラスのBで今後は走ることに

【Bクラス準決勝】
流石にCは甘いかあ・・・と思いつつ本戦に突入。ここでは上位6名がAクラスに昇格、下位6名がCに転落するという仕組みになっている
レース開始後は誰かが逃げを打ったりするわけでもなく割と安定した状態で集団で周回を重ねていく
そして2番手に付けていた時である。なんか前の選手速いなあ・・・と思ってふと背後を見ると集団が遠く離れた場所に!うげっいつの間にか逃げになってる!!

その後も前の選手はペースを落とすことなく走り続け、自分は追走集団に落ちてしまった。最初は3名で回していた追走も一人が脱落し、最後は自分もちぎれてしまった。残った一人は単身逃げを追いかけていった
これは準決勝1位争いするつもりだな・・・と思い自分は脚を止めて集団へ戻り、ローテに加わる。最後は200mからのゴールスプリントで〆。自分は7位だったのでBクラスで決勝を戦うことになった

ちなみにAクラスの準決勝の様子。実力が揃っているからか、最後まで逃げが決まらないまま静かにレースが進んでいた。最後は集団ゴールスプリントで決まると思っていたら落車祭りが・・・
573439780.jpg

【Bクラス決勝】
昼食をはさんで午後からの決勝レース。先程一緒に走ったBクラスの選手以外にAクラスの下位及びCクラスの上位の選手が入る。Aクラスから来た各上選手がいるものの、基本的に脚力が揃っているので誰にでも勝つチャンスはある
号砲が鳴った後は誰かが逃げを決めるわけでもなく集団で周回を重ねる。途中で他の選手がスカイをマークしろ!と自分をマークするようにピットのチーム員から指示を受けていた。自分の当時の服装はヘルメットからレーパンまでチームスカイ。そういえば背後に付かれていた様な・・・?

動きがあったのは自分の目の前で落車があってから。これで集団の数が減った上に、元Aクラスの選手が先頭を陣取り一気にペースアップ!付いてこれない選手は引き剥がされてしまった。集団が数名にまで絞り込まれた後、逃げようとするそぶりを見せた為、逃がさんと自分が捕まえに入る

その後は数名の集団で周回を重ねる。ただ、ローテは回っていなかった。先程の選手が前で引き続けているからだ。集団は完全に彼のペースで動いていた。たまに走行ペースが上下に調整され、徐々に集団が絞り込まれていく。この状況が残り一周になるまで続く
最終周回のジャンが鳴り響く中、自分は集団でまだ生き残っていた。突如逃げを決められる可能性があったのでずっと先頭を走っている選手、その後ろで脚を温存しているであろう選手を警戒する。逃げようものなら捕まえる為だ

結局逃げがないまま残り半周になった。ここで自分が勝つ為には・・・
1.自分自らロングスプリントをして逃げを決める
2.相手が動いたら勝負を仕掛け、差す

この二つしかないと判断。ただ、1に関しては以前の長良川クリテのように背後から急襲を受ける可能性があったので今回は2で行くことに
最終コーナーを曲がりゴールスプリント開始。ここで数名を一気に抜いて今まで先頭を引き続けていた選手に勝負を仕掛ける為、背後に張り付く

ここから先は二人の勝負。ホームストレートに入り最後のスプリントを仕掛ける。お互いに喚声をあげながらゴールラインに突っ込んだ!あまりに僅差の為どちらが勝ったかはその場では分からなかった。計測タグによるタイムでの判定の結果、レース開始直後から引き続けていた選手が優勝。自分が二番手という結果になった。リザルトを見るとタイム差はかなりの僅差だったし、他の選手にゴールの様子を聞くと本当にギリギリの勝負だったらしい

【レースを終えて】
まずはレース開始後から最後までずっと先頭を引いていた選手が物凄かった。上位クラスの選手とはいえ、ずっと集団先頭を走り続け、最後のゴールスプリントでも勝利をもぎ取るなど凄まじい活躍をした。自分もあのような戦い方ができる選手になりたい

そして自身の結果はBクラス第二位という結果で今回のレースを終えた。練習する機会が堺浜を覗きに行ったときとアワイチをTTしたくらいであまり質のいい練習ができなかった。正直ボロボロな結果を覚悟したけども思ったよりも良い成績で終えられたので満足している
今回は自分の中で走りながら戦略を立てることが多かったレースでもあった。この経験は次のレースにも生かして行きたい

今後は仕事の都合もあるのでレースの予定は今のところ決まってないけども、関西ヒルクラTTならいつでも他人と競い合うことができるのでしばらくはそちらに本腰を入れようかな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レースはいいっすね

 レースはいいっすよねぇ~
 スタート前のドキドキ感がクセになります。
 チャリのレースはほとんど出たことがないけど、今年はいくつかエントリーしたいと思います。

 そのために足、鍛えときます。
 頑張ってくださいね~

Re: レースはいいっすね

レースは面白いですよ!自分の実力がはっきり分かるのでモチベーションアップにもなります
プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。