スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスポーター紹介 スズキ Kei

みんな逃げろ!!鈴菌感染者が来たぞ!!!
ぐっ?何ィ!??ギャアアアア!! チョイノリハイイバイクダヨSSSSSS
鈴菌エンブレム

ということで自転車をあっちやこっちに運ぶのに便利なトランスポーターを紹介しようと思う
有名どころではトヨタのハイエース。軽ならエブリィやハイゼット等の貨物車があるが、自分はより安価にかつ走っても楽しい車を選んでみた。もっと早く紹介しようと思ったけど故障が少々あったので後回しになってしまった。でも、修理をするとあっさり調子を取り戻してくれたのでやっと紹介できそうだ!

スズキ Kei(GF-HN21S) グレードはスポーツ。軽だけど軽規格ギリギリの大きさらしく、横に止まっているフィットと大きさ的にはそんなに変わらない。実はスイフトの先祖だったりする。ボンネットの穴はインタークーラー用のダクト
Kei側面

ちなみにこの車はマニュアル車。購入を決定付けた理由の一つでもあったり。荒く取り扱わなければ気持ちよくシフトチェンジができる
シフト

お値段は全部込みで35万円くらいだが一度大きな故障をしてフルクラムレッドウインドワンセット分程度の修理費がプラスされてる。走行距離はまもなく11万キロ!流石にエンブレムは色あせてきたが前オーナーの手入れが行き届いていたらしくまだまだ元気に走る!
Kei エンブレム

おっと、このブログは自動車紹介のブログではなくあくまでも自転車に関するチラシの裏の落書き記事を書くブログなので勿論自転車に関係のあるところを紹介するのは忘れませんよ!!

ということで後部座席を倒してスペースを作成してみる。ワゴン車ほどではないがそれでも割と余裕のあるスペースを作ることができる。この状態から衝撃吸収兼滑り止めの布団用マットを敷いて・・・
Kei 室内

ズドンと突っ込んだのがこの状態。この状態ならよほど滅茶苦茶な運転をしない限り自転車が動き出すことはない。ホイールは本当はホイールバッグ等に突っ込むべきだけどちょっと面倒だったので裸のままつんであります。リアメカ類は車内が汚れないように一応ビニール袋で包んでおく
レースなどで移動する場合はこの状態で運べばいいと思うけど、機材の他に別の荷物を運ぶ必要のある場合は自転車を輪行袋に入れて後部座席に立て掛けると背もたれ後ろのスペースを使用することができる
自転車収納

乗った感じは重さが軽いのと、ノーマルグレードのKeiと違って専用サスが入って車高が抑えられているせいか、荒れた路面を走ると跳ねるけど普通の路面なら乗り心地に特に問題はなし
街中を走ると、この車は結構なドッカンターボなのであるエンジン回転数を境に急に加速したりするので癖があるけど、高速や郊外を走ると気持ちよく走れるし、調子のいいときは燃費が17km/lで走れることもある意外とエコな一面もある

トランポがあることで、少々離れたレース会場でも自宅から直接会場に乗り込むことができるようになる。輪行でのパッキングや乗り換え時間を調べる手間や自転車を運ぶ肉体的負担がなくなるのは非常に大きい!これからの自転車ライフを強力に支援してくれる存在となりそうだ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。