スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リハビリ走】六甲山縦走

今日はちょっとしたサイクリングではなく本格的な練習走をしてきた


ということで本当に、本当に久しぶりに走った
ブランクがあるので肉体の衰えは確実に影響に出る。ということでいつもとは少し違う装備で出撃

シャマル装備のPARIS

【構成】
フレーム:ピナレロ PARIS50-1.5 割とガチなレース用フレームは私の身体にどのように鞭を振るのか?
コンポ:カンパニョーロ コーラス2011 F 50/34T R 12/25T レースで超高速スプリントしなければ十分使える
ホイール:カンパニョーロ シャマルウルトラ 普段のボーラから変更。こっちのほうが気を使わず走れる
サドル:フィジーク アリオネバーサス サドルを変える金がないお・・・
ペダル:ルック ケオブレードカーボンTi(赤) 踏みやスイスイ(・∀・)

大きな変更点はボーラワンをシャマルウルトラに変更した点。体力が落ちている今ボーラで走るとあっという間に足が動かなくなってしまいそうなのとシャマルの方が走り方や取り扱いに気を使わなくていいので換装
あとはいつもと同じかな。あと、構成欄には書かなかったけどCO2ボンベをボトルケージ台座に取り付けたり、夜間の視認性向上の為に強力ライトをダブル装備しています


目指すは阪神地区のヒルクライマーの聖地六甲山!
シーズンオフで鈍った体は走り方にどう影響したのだろうか!?

今回は六甲山に行くということで東の逆瀬川ルートか西の再度山どちらから行くか考えてみた
どちらも走りなれたルートだけど逆瀬川の方は激坂が連続してきついってかシーズン入りたてでまともなトレーニングをしていない状態なのに突っ込むと下手したら道中で足をついてしまうかもしれない
信号待ちや交通の状況で停車をするのはともかく、坂に屈して止まるのは避けたかった。なので今回はまだゆるやかな方の再度山から攻めることにした

再度山スタート地点。前半のきつい登りに耐えなければならない
再度山入り口

このコースは中盤までそれなりの斜度の坂が続く為ダンシングを多用してさっさと登っていくとタイムがよくなる
なので今回もダンシングメインで攻略しようと思ったのだが、登り始めてすぐ異変に気づく
「ダンシングが長時間できない!!」
そう、久しぶりのヒルクラに脚が追いつかないのだ。仕方が無いのでシッティングメインに切り替え登っていく
ゴール手前はいつものように下ハン持ってゴールスプリント。結果は?

最後に走ったときの記録 21:50
今回走った記録      23:34

オゥ・・・こりゃ思ったよりダメだなあ。気を取り直して神戸森林公園~丁字ケ辻を攻める。こちらは斜度がゆるやかで初心者ローディーでも気軽に登れる。だが、ここでタイムを出そうとするなら全域でパワーを出し続けなければならない。衰えた身体に鞭を入れ計測開始

最後に走ったときの記録 25:45
今回走った記録      28:03

2分以上の差ができたことで練習不足を実感する・・・まあシーズン入りたてだからこれから練習すればいいんだが


計測終了後はそのまま六甲山山頂方面へ。そこから逆瀬川まで高速ダウンヒル!オンダフォークのお陰でダウンヒルも安定して下れて気持ちいいナリィ・・・
下山した後は武庫川CR→山幹を経由して自宅に帰宅。走行距離は65kmほどだった。正直まだ物足りないが時間の制約もあるので今回は仕方が無い。休日に期待!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初コメント失礼致します。
すごいですねぇ!
僕も六甲山の麓に住んでいてヒルクライムするのですが
坂で止まってばかりです・・・w
いつか、タイムを計れるような実力になるのが今の目標ですね・・・。

コメント失礼しました!
プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。