スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表六甲TT

新しくできたばかりのブログなので一つでも記事を作って方向性を作っておきたい
ということで表六甲から六甲山に登ってみました
自宅からすぐのところに表六甲の入り口があるので思いつきで行きやすいのです

表六甲TTスタート
無事にスタート地点に到着。ここに到着するまでにも結構な斜度の坂があるので疲労をためずに登らないといけない

信号が青になり、TT開始!開始当初からダンシングで飛ばす。ある程度斜度が落ち着いたら重心を意識しながら引き続きダンシングで登って行く。表六甲はところどころ斜度がゆるくなる箇所があるのでそこを狙ってエルゴの親指レバーを押し下げて加速する。そして無事に丁字ヶ辻にゴール。自己ベストには及ばないものの22分56秒のタイム。調子はいい感じだったけど何処かで失速したかもしれません

そして六甲山最高峰の一軒茶屋まではダウンを兼ねてゆっくり登って行く。頂上にてしばし休憩
写真は逆瀬川ルート・最高峰TTのゴール地点。たまにローディーがジュースを飲みつつ談笑していたり
002.jpg

登ったら次はダウンヒルをしなければならない。表六甲は登る人より下りる人のほうが多い気がする
023.jpg
路面もきれいだしダウンヒルの練習には最適!でも、ウェット路面の時は要注意。簡単に落車してしまう
以前の台風でまだ路面が一部濡れているのでスピードとバンク角度を抑えて慎重に下る

途中で展望台に立ち寄ってみた。六甲アイランドがくっきり!
006.jpg

六甲山名物 うり坊に
005.jpg

何故か展望台にいたぬこ
022.jpg


本日の六甲山練習走
走行距離 32km
平均速度 19.6km/h

003.jpg
最後に、これが自分のメイン機材。ピナレロ パリ50-1.5である!ヒルクライムから平地メインのロードレースまで対応する信頼できるオールラウンダーバイクだ!紹介はまた後日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして、ブログ村から検索かけて来ました。
私も神戸の西方在住で、六甲山へは鈴蘭台から向かいます。
ですので表六甲の坂道はいつもダウンヒルです。
そのまま芦屋方面のショップへ行って海沿いを帰ってきますが
表六甲を上ることもトライしてみたいですね。

表六甲は条件がよければどの峠よりも下りやすいですね。以前箱根をダウンヒルした時はヒヤヒヤしたものです
でも、本文中にあるとおり、雨が降るとあっけなく滑るのでそこは注意した方がいいですね。実際ヘアピンでゴテッと落車したことがあります
プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。