スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足回り強化計画 ペダル編

以前紹介したタイム アイクリック レーサー
016.jpg

ここ最近、急に調子が悪くなりだしました。ちょっとした登りやスプリントで思いっきり引き足を使うと、右足のペダルがガキッガキッという感触とともにクリートが外れかけてしまうのです。もちろんクリートの消耗度を見たのですがこの前交換したばかりでペダルの調子さえよければ使えそうな感じ、ペダルを軽く叩いてベアリングの調子を見ても動きが渋い・・・まだまだ使えると思ったが、ついに交換の時が来たか。
このペダルは一年と少し前、マビックのアヴェニールというシューズとセットで買った思い入れのあるパーツなのです。シマノのデュラエースペダルと比較してステップインが非常にやりやすいという情報を聞いて購入しました
それからというもの、当時メイン機材だったTCRとともに活躍し、今のピナレロパリ50-1.5に乗り換えてもペダルは引き続き使用するつもりでしたが、どうやらお役御免ののようです、名残惜しいですが引退させることにしました
本当なら強化プラスチック製のソールを持つアヴェニールも次のペダルと一緒に交換したいのですが、今月既にアイウェアで数万円を使っているので、当分の間は現役を続行してもらいます

さて、次のペダルを決めないといけない。次のペダルは・・・
Shimano PD-7900か
img_1508602_59958447_2.jpg

LOOK Keo Blade Carbon Tiか
look-keo-blade-carbon-pedals.jpg

どちらもプロチーム御用達のペダルとして有名ですが、自分の自転車はホイールからコンポ(場合によってはウェアも)までカンパニョーロ尽くしで完全武装されています。まるでお前はカンパマニアか!と言わんばかりです。この状態でペダルだけシマノにするとすごく浮いてしまいます。(以前フルアルテのTCRにシマノフリー仕様のボーラを装備したことがありましたが、結構アンバランスでした)よって今回はルックのペダルを採用することにします

さてさて、早速スペックを拝見しませう
look.jpg

LOOK Keo Blade Carbon Ti
板バネ式
チタンアクスル仕様
重さ 約186g

・・・重さが約186gだと!?
ペダル片方だけだと100g切っちまうぞ!!
しゅ、しゅごい・・・・・

今使用しているアイクリック レーサーが重さ約260gと言われていますが、Keo Blade Carbon Tiを装備すると80gも軽くなってしまいます。自転車全体で見ると重さは微々たる物ですが、これはホイールのリム重量と同じく回転体の一番外側のパーツ。クランクを回すフィーリングに影響が出るのは間違いないでしょう
早速英国のCRCに注文を入れました。お値段は3万円なり、少し値が張りますが性能を考えると今後しばらく食費を削っても罰が当たらないレベル。届くのが待ち遠しいなあ・・・その前に走る時間を作る為に仕事の休みを見つけないとだが・・・('A`)ヴァー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shimesaba

Author:shimesaba
六甲山のふもと神戸市を拠点に走り回る自転車乗り
機材はピナレロ パリ50-1.5(2011)に乗っています
よく走りよく登る。そんなサイクリストになりたい
ついったで駄文を垂れ流しています:@saba0208
自転車の詳細はこちら http://mybike.jp/bike/2891

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ロードバイクランキング
ブログランキングに それとなく参加中!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。